代表ご挨拶

 当社は道路交通信号施設に関わる専門企業を目指して平成15年に創業いたしました。
 昭和40年代半ば交通事故による死者数は1万6千人を超え、東京の7号などは慢性的交通渋滞で、沿線の住民は排煙による光化学スモックに悩まされ、まさに世の中は交通戦争と呼ばれる時代でした。行政はこの交通戦争状態を解決すべく交通信号制御方式の開発や交通安全施設の充実など交通安全対策に注力し、交通信号機は各交差点の交通制御(点制御)から線の制御(系統信号制御)へ変わり、更に地域一帯を制御する面の制御(広域管制)へと技術革新を推進しました。
 この半世紀に、行政機関をはじめとして交通信号施設メーカーや施工業者の地道な活動により、交通事故死者数は令和2年度にピーク時の6分の1(2,839人)近くまで減少させることが出来ました。


                      株式会社 都市交通テクノロジー

                      代表取締役